スタジオ(借りるか借りぬかお悩み編)

natsu tanimoto
スタジオ(借りるか借りぬかお悩み編) 

    


8月の終わり、マンションの大家さんと何気ない世間話をしていた。


大家さん「そういやさぁ、マンションで誰か出て行くとか言ってない?」

オレ  「ん?誰か出てってくんねーか?ってこと?」

大家さん「そじゃなくてよ、このマンション入りたがってる人がいるんだよ。
     近くの人でよ、よくここの前通るみたいでいつも楽しそうで
     いいなーって見てんだってよ。」

オレ  「ちょっと待って、どこかが引っ越して行って空いたらオレが借りたいんだけど。
     もう一部屋借りてさ、お父さん連中と仕事場としてシェアしたいんだよね。
     そうすると、みんな子供部屋が確保出来ていいよねって話しててさぁ。
     ほら、うちも子供がいるから家で撮影するのが大変でさ。」

大家さん「じゃぁさ、マンションの横にポンプ室があんでしょ?あそこポンプ撤去
     しちゃって空っぽだからあそこ貸してやんよ。
     近所の畳屋とかから倉庫に貸してくれないかって聞かれるんだけどよ、
     外からの出入りはイヤだから断ってんのよ。でも夏と俺の付き合いだったら
     安心だし、ヘンな使い方しないだろうから貸してやんよ。」


みたいなやり取りが行われ、じゃー借りようかなと思ったわけですが・・・

実際に中を見てみるとなにやら大きなステージさながらの段差が。
studio_01.jpg


これじゃー使えないなと、あらゆる可能性を考えて見る事に。


1. 段差と同じ高さに床を作りフラットにする。
2. 段差を削ってフラットにする。
3. 段差の両サイドと奥だけ同じ高さの床を作りフラットの面を広くする。
4. 借りない。


場所を借りてそのまま撮影スペースとして使えるとばかり思っていたからちょっと悩ましい。

床の工事をするにもどれくらい予算があれば出来るのか。
安く上げるには床を作った方がいいのか、段差を削った方がいいのか。
もしくは段差は諦めて、このままの状態で使い始めてみるか。

悩んだ結果、近所に住んでる塗装工のパパ友に相談してみることに。

すると、斫る(削る)事も出来るし、土台の高さに合わせてコンクリートを流し込み
フラットにする事も出来ると教えて貰いました。
なるほど、床を角材と板で作るんだとばかり思ってたので強度的に
心配してたけど、コンクリートでフラットにする手があったなと。

天井高を確保したいので、斫る方向で行きたい。


オレ 「金額的に頼めるかわからないんだけど、見積もり貰えたりする?」と聞いてみると

パパ友「知り合いに頼んだりすれば予算押さえられるから安く出来ると思うよ」と頼もしい返事。

オレ 「でも、やっぱりお高いんでしょう?(笑)」

パパ友「今日中に見積もり作ってポストに入れとくよ」


と言う事になり、見積もりを待つことに。


全くの素人なので相場も何もわからず実際工事はムリなんじゃないかと。


で、届いた見積書をのぞいて真っ先に数字を確認してみると、そこには20万を超えた金額が・・・
いやいや、そんなに掛かるならお願い出来ないや。申し訳ないけど。


やっぱり床を作る方が現実的なのかなー。


親父に相談すると、自分たちで作れないかな?と。


DIYっすか。


木材を買ってくれば出来ないことはないだろうけど、そもそもポンプ室だったわけで
垂れた水が一箇所に流れるように床が斜めになってるので、それを考慮しながら平らにするのは容易で無い。
仕事の合間に作業をするとして、どれくらいの期間があれば出来るのか見当も付かない。

やっぱり現実的じゃないよなー。
現状のまま使うか、物置として借りる方が賢明かな・・・


あれ?

見積書の最上部になにかかかれてる。

よく見るとボールペンで <友人値引き前> と書かれている。

ん?


そこで見積書を見ると、2枚重なっている事にやっと気が付きめくってみると
そこには値引き後の金額が記されていた。しかも10万円をかなり下回る金額がっ。

まじすか。
これはちょーうれしい。

と言うわけで工事をお願いする事にしましたとさ。

≪ 前の記事「新世紀エヴァンゲリオン Blu-ray BOX」
「スタジオ(工事編)」次の記事 ≫